papagreen’s diary

自宅(愛知県)で育てている植物の観察記録

ビカクシダの育て方について

2018/2/20
ビカクシダを育ててから半年経過したので、ビカクシダ全般で感じたことを記録しておこうと思います。
■場所
10月上旬迄は日陰のベランダに置いていましたが、気温が15度を下回るようになってから部屋の中で育てる事にしました。
f:id:papagreen:20180222075624j:plain
■温度
部屋の中の温度は20〜25度でエアコンは常時ONにしています。あとサーキュレーターで風を送りタイマーで一時間間隔にしています。夏にベランダに置いていましたが全然成長していなかったので、この温度と風が重要だと思います。
ちなみに電気代は高い時で一ヶ月25,000円位です。
f:id:papagreen:20180223080918j:plain
■湿度
加湿器を購入し使用してみましたがあまり効果がなかったので今は全然使用していません。部屋の湿度は35〜50%です。
f:id:papagreen:20180223081822j:plain
■照明
部屋の照明と一部LED照明を使っています。成長が軌道にのったのは部屋の照明だけでもグングン育っていきます。弱った株で新しい葉が出てきている時にLED照明を当てています。LED照明を当てている方が成長が速いです。夜は部屋の照明はOFFにしLED照明だけ点けています。常に照明を点けていた事が有りましたが成長はあまり変わらないと思います。
■水やり
毎週土曜日にタライ(100円ショップで買った洗濯物カゴ)に水を溜めて15〜20分浸して一時間位干して乾かしています。コルク樹材のは3〜4日間隔で水をかけています。以前はお風呂に水を溜めて入れていましたが、移動中に事故が多かったので部屋の中で行うようにしました。注意事項として胞子葉が水に浸かったまま10分位は良いのですが、40〜50分経つと水を吸いすぎて傷んでしまいます。水に浸けたまま忘れてしまい何回か痛い目にあったので記録しておきます。
f:id:papagreen:20180223080953j:plain
■肥料
エードボールCaを使用しています。水苔に植え付ける時に2個入れるようにしています。あと一ヶ月間隔でメネデールをタライに入れて浸しています。
f:id:papagreen:20180223081224j:plain
■防虫剤
部屋の中で育てているとどこから侵入して来るのか分かりませんがカイガラムシが付きます。その時はベニカXファインスプレーを全体に吹付け、手でカイガラムシを取っていきます。スプレーをかけても植物には影響無いみたいです。
このスプレーは即効性が有り、2,3日後には元気になります。このスプレーのおかげで、ねむの木、ベンジャミンバロック、コロナリウムが救われました。
■鉢植え
木の器に水苔をキツめに詰め込みビカクシダが落ちないようにしています。このやり方とビカクシダの回りに水苔を付け麻紐で巻き付け、コルク樹材にアルミ線で水苔の中を通して固定している二種類のやり方で植え付けています。貯水葉の上にハリス等で固定するのは見た目が悪いので行っていません。

ちなみにこのやり方で枯れたビカクシダは今の所一つもありません。
NHK趣味の園芸を見ていたら胡蝶蘭の水やりの温度は30〜40度位か良いとことでした。同じ南国の植物なので真似してみようと思います。あとビカクシダは肥料が好きらしいので、メネデールからハイポネックスの液体肥料に代えてみようと思います。

2018/3/20
ハイポネックスの液体肥料を使ってみましたが今の所、まだ効果が出ていない気がします。匂いが臭いのが嫌な感じですがまだ使ってみようと思います。

コロナリウムやホルタミーで試してみましたが、新しい貯水葉がある程度大きくなったら、古い貯水葉は切っても問題無いようです。鉢で育てているのを板付すると貯水葉が前に出るので、古い貯水葉は切った方が良いと思います。