papagreen’s diary

自宅(愛知県)で育てている植物の観察記録

エアープランツの育て方

エアープランツを枯らしてしまう事が多くなったので、育て方をまとめてみようと思います。とりあえず書き出してみて、改善できる事がないか考えてみようと思います。

■場所
階段の小窓とダイニングの窓の近くにある棚の上に置いて育てています。以前、ビカクシダと一緒に育てた事がありましたが、サーキュレーターが合わないらしく、枯れてしまいました。
後、ストリクタをカゴに入れてテラスのテントの中にぶら下げています。イオナンタも同じようにぶら下げてみましたが、枯れてきたので止めました。
f:id:papagreen:20170818181253j:plain
f:id:papagreen:20180923130434j:plain

■温度
特にエアープランツの為に温度を調整していませんが、部屋の温度は20~28度ぐらいだと思います。冬は夜になると5度以下の時もあると思います。

■湿度
あまり気にした事は有りませんが、おそらく晴れた日は30~60%ぐらいで、雨の日は60~90%ぐらいだと思います。今までの経験からすると乾燥した部屋は良くない気がします。

■照明
普通の部屋の照明で蛍光灯の明かりです。窓際に置いているので、昼間は少し日が入ると思います。

■水やり
隔週でソーキングを行い、2日に一度スプレーで霧吹きをしています。以前は乾いてきた時にスプレーしていましたが、グリーンスナップでコメントしてくれた人が、頻繁に水やりしていると言っていたので真似してみることにしました。

■肥料
最近、メネデールをソーキングの時に使うようにしました。1ヶ月に一回のペースで行っていこうと思います。

■防虫剤
虫が付いた事が無いので、防虫剤は使った事が有りません。

■植え方
ソーキングする時にコルク樹材等に着生させていると邪魔になるので、棚や器にそのまま置いています。

スマホで調べたらメネデールは活力剤でハイポネックスは液体肥料なんですね。どちらも液体肥料だと思っていました。ハイポネックスを年に2~3回、5月と9月に使ってみようと思います。
後、ビカクシダ用のLED照明は春から秋の間は使用していないので、その間はエアープランツに使ってみようと思います(もっと早く気付けば良かった...)。

2018/10/16
エアープランツに重要なのは湿度だと思ってきました。加湿器を2,3日やってみたところ、イオナンタの葉の部分に潤いがあり、凄く元気そうな気がします。エアープランツの役に立つとは、加湿器を買っておいて正解でした。

前回から加湿器を夜に毎日使っています。半日で水が切れてしまいますが、エアープランツは夜間に活動するらしいので夜だけでも十分だと思います。湿度は80%ぐらいです。我が家は乾燥気味の部屋なので、加湿器を使うのが良いのだと思います。イオナンタの葉先が茶色くならないので、上手くいっていると思います。ちなみに加湿器はこれです。
f:id:papagreen:20181101202117j:plain
撮影:2018/10/28

大分、壁掛けのエアープランツが増えてきました。まだ壁が見えている所があるので、エアープランツで埋めないといけませんね。ハンモックで育てているイオナンタも順調に育っています。
f:id:papagreen:20190220081730j:plain
f:id:papagreen:20190220082015j:plain
撮影:2019/2/16

エアープランツ郡を夜に眺めていて良く見えなかったのでバーライトをamazonで購入し取付けてみました。バーライトはCatarast LEDバーライト 120cm 4000K 昼白色にしました。本当は白色が欲しかったのですが、このシリーズは昼白色しか無かったので仕方無いです。天井に木ネジで固定し光を照らしてみましたが、かなり見易くなり凄く良い感じです。ビカクシダを下から眺めるのも良いですがエアープランツも良いですね。ずっと眺めてても飽きないです。
f:id:papagreen:20190314141433j:plain
撮影:2019/3/13