papagreen’s diary

自宅(愛知県)で育てている植物の観察記録

エアープランツの育て方

エアープランツを枯らしてしまう事が多くなったので、育て方をまとめてみようと思います。とりあえず書き出してみて、改善できる事がないか考えてみようと思います。

■場所
階段の小窓とダイニングの窓の近くにある棚の上に置いて育てています。以前、ビカクシダと一緒に育てた事がありましたが、サーキュレーターが合わないらしく、枯れてしまいました。
後、ストリクタをカゴに入れてテラスのテントの中にぶら下げています。イオナンタも同じようにぶら下げてみましたが、枯れてきたので止めました。
f:id:papagreen:20170818181253j:plain
f:id:papagreen:20180923130434j:plain

■温度
特にエアープランツの為に温度を調整していませんが、部屋の温度は20~28度ぐらいだと思います。冬は夜になると5度以下の時もあると思います。

■湿度
あまり気にした事は有りませんが、おそらく晴れた日は30~60%ぐらいで、雨の日は60~90%ぐらいだと思います。今までの経験からすると乾燥した部屋は良くない気がします。

■照明
普通の部屋の照明で蛍光灯の明かりです。窓際に置いているので、昼間は少し日が入ると思います。

■水やり
隔週でソーキングを行い、2日に一度スプレーで霧吹きをしています。以前は乾いてきた時にスプレーしていましたが、グリーンスナップでコメントしてくれた人が、頻繁に水やりしていると言っていたので真似してみることにしました。

■肥料
最近、メネデールをソーキングの時に使うようにしました。1ヶ月に一回のペースで行っていこうと思います。

■防虫剤
虫が付いた事が無いので、防虫剤は使った事が有りません。

■植え方
ソーキングする時にコルク樹材等に着生させていると邪魔になるので、棚や器にそのまま置いています。

スマホで調べたらメネデールは活力剤でハイポネックスは液体肥料なんですね。どちらも液体肥料だと思っていました。ハイポネックスを年に2~3回、5月と9月に使ってみようと思います。
後、ビカクシダ用のLED照明は春から秋の間は使用していないので、その間はエアープランツに使ってみようと思います(もっと早く気付けば良かった...)。

2018/10/16
エアープランツに重要なのは湿度だと思ってきました。加湿器を2,3日やってみたところ、イオナンタの葉の部分に潤いがあり、凄く元気そうな気がします。エアープランツの役に立つとは、加湿器を買っておいて正解でした。

前回から加湿器を夜に毎日使っています。半日で水が切れてしまいますが、エアープランツは夜間に活動するらしいので夜だけでも十分だと思います。湿度は80%ぐらいです。我が家は乾燥気味の部屋なので、加湿器を使うのが良いのだと思います。イオナンタの葉先が茶色くならないので、上手くいっていると思います。ちなみに加湿器はこれです。
f:id:papagreen:20181101202117j:plain
撮影:2018/10/28

大分、壁掛けのエアープランツが増えてきました。まだ壁が見えている所があるので、エアープランツで埋めないといけませんね。ハンモックで育てているイオナンタも順調に育っています。
f:id:papagreen:20190220081730j:plain
f:id:papagreen:20190220082015j:plain
撮影:2019/2/16

エアープランツ郡を夜に眺めていて良く見えなかったのでバーライトをamazonで購入し取付けてみました。バーライトはCatarast LEDバーライト 120cm 4000K 昼白色にしました。本当は白色が欲しかったのですが、このシリーズは昼白色しか無かったので仕方無いです。天井に木ネジで固定し光を照らしてみましたが、かなり見易くなり凄く良い感じです。ビカクシダを下から眺めるのも良いですがエアープランツも良いですね。ずっと眺めてても飽きないです。
f:id:papagreen:20190314141433j:plain
撮影:2019/3/13

追記:2019/12/17
NHKの趣味の園芸は毎週録画していますが、先日エアープランツの育て方について放送していて、大きく育てる方法は勉強になりました。スマホで調べた時、根っこは木にしがみつくものであり、根からは水分補給はしないと思っていたら、鉢の底に液体肥料を貯めて光を当て風を送る、12度以上にする、動物質肥料を使うと一年ぐらいで大きくなると言っていました。ちょっと疑っていますが、生産者の方が言っているので、来年の4月頃から試してみたいと思います。

追記:2020/1/7
エアープランツの育て方について、凄く気になったので趣味の園芸の12月号のテキストを購入し、大きくなる方法を実践するため完熟牛ふん堆肥を購入しました。40Lの袋しかなかったため、小分けで使えるようにプラスチックの缶を100均ショップで購入し入れてみました。臭いも無くもみがらの色も良い感じです。成長期に葉と葉の間にパラパラ蒔いていこうと思います。今年はエアープランツの購入を控えて、今育てているのを大きくする事に力を入れようと思っています。
f:id:papagreen:20200108081005j:plain
撮影:2020/1/7

エアープランツが増えてきたのとホヤをぶら下げて冬越しするためのスペースを確保しようと思い、バーライトとつっぱり棚を追加しました。前回と同様Catarast LEDバーライト 120cm4000K にしましたが昼白色が無く白色しかなかったため、手前がすごく明るくなった感じがします。以前と比べるとかなり明るくなりました。奥のエアープランツが見えないですね。とりあえず育てる環境はできたと思います。
f:id:papagreen:20200705130540j:plain
撮影:2020/7/4

ハリシー④ ★★★

最後のハリシーの一つがこちらになります。売り出されて間もないので傷んでいる所が少なく、綺麗に葉が付いています。良い買い物ができました。しかし今年の梅雨は熊本の実家を直撃し、近くの川の水が溢れて玄関まで水が入ってきたとの事でした。私が小学生以来の出来事なので40年ぶりですね。床下浸水だったのでなんとか難を免れましたが、テレビや水道が止まるなど大変だったみたいです。コロナで帰省することもできないし、今年は色んな事が起きますね。
f:id:papagreen:20200707080336j:plain
撮影:2020/7/4

ハリシー③ ★★★

もう一つのヘゴ板に植え付けたのがこちらになります。蕾が付いているのでしばらくすると花が咲くと思います。花が咲き終わったら子株ができると思うので楽しみです。以前育てていたハリシーの記録を見直してみましたが、次は絶対枯らさないようにしたいとあったので気を付けたいと思います。冬越しに気を付けて普段は他のと同じ様に手入れしていれば問題ないと思っています。
f:id:papagreen:20200705124340j:plain
撮影:2020/7/4

ハリシー② ★★★

前に育てていた大きなハリシーの冬越しに失敗したため、償いとしてハリシーを4つ買ってみました。一つ480円で10cmぐらいの大きさです。とりあえずコルク樹材とヘゴ板、直置きの三つに分けて育ていることにしました。まずはコルク樹材の方です。2つ括り付けてみました。前に枯らしてしまったハリシーは、冬までの間は外に出していましたが結構大きくなっていたので、これは外のテントの中にぶら下げて育ててみようと思います。
f:id:papagreen:20200705123910j:plain
撮影:2020/7/4

ブラキカウロス② ★★★

毎週末、三貴フラワーセンターに行き新しいエアープランツが入荷されるのをずっと待っていましたが、ようやく棚に並べてありました。蕾がついたブラキカウロスが280円で売ってあったので3つ買いました。前に買っておいたコルク樹材に3つ植え付けてみましたが良い感じにできたと思います。ブラキカウロスは育てているのもありますが中々花が咲きません。これで花が咲いている所を見れそうです。
f:id:papagreen:20200705154503j:plain
撮影:2020/7/4

ユッカ エレファンティペス ★★★

子供のベッドシーツと布団カバーを買いに無印良品に行こうとアピタへ行った時に、花屋さんに寄ったらユッカが1,250円で売っていたので買ってみました。育ててみたい植物だったので良い買い物ができました。大きさは30cmぐらいです。黒い鉢が余っていたので植えてみました。土は玄人の培養土:5、有機質肥料:5の配分で緩効性肥料を入れ作ってみました。葉っぱに艶が有り状態も良いと思います。このゴツゴツした幹の皮が良い感じです。
f:id:papagreen:20200503081719j:plain
撮影:2020/5/2

テラスに置いて日差しを浴びているせいか葉が結構伸びたと思います。2ヶ月程経過しましたが成長が速い気がします。真っすぐに伸びた葉が見ていて気持ちいいですね。これからどんな感じに育っていくのか楽しみです。トックリランみたいに葉が出ている所が木質化して伸びていくのだと推測しています。
f:id:papagreen:20200628205221j:plain
撮影:2020/6/28

ホヤ ザンバレス ★★★

チャレンジシリーズの最後の六つ目はザンバレスです。ラベルにザンパレンスと書いてあってスマホで調べたらザンバレスが正しい名前でした。一週間後にまだホヤのチャレンジシリーズ残っているかなと探してみたところ、この植物だけ全て売り切れていました。人気がある植物なのかザンバレスマニアな人が買い占めたのか分かりませんが、家のザンバレスも枯れないように大事に育てていきたいと思います。
f:id:papagreen:20200620183512j:plain
撮影:2020/6/20

ホヤ SP

チャレンジシリーズの五つ目はホヤSPです。これが名前なのかと思い調べたところ、ホヤSPは正式名称ではなく、まだ名前がついていない交配種、といった意味合いとのことでした。また勉強になりました。こういうのも普通に売っているんですね。どの辺が前のと変わっているのかが分かりませんが、葉の白色の割合が多いところでしょうか。新種らしいので枯れないように気を付けていきたいと思います。
f:id:papagreen:20200620183228j:plain
撮影:2020/6/20

ホヤ カーティシー ★★★

チャレンジシリーズの四つ目はカーティシーです。このシリーズを買う時にこれだけ一個減っていたので、おそらく人気があるのだと思います。確かに深緑色の葉に白い模様が入っていて、オシャレな感じがしました。なのでこれだけ二つ買ってみました。とりあえず湿度が高い方が良いとの事だったので、育苗トレーに苗カーバーをして保温する事にしました。これだと湿度が高くなるのでうまく育ってくれるのではと思っています。しばらくこれで様子をみようと思います。
f:id:papagreen:20200620182846j:plain
撮影:2020/6/20

ホヤ ヘンダウエンシス ★★★

チャレンジシリーズの三つ目はヘンダウエンシスです。名前がちょっと覚えづらいですね。葉の形が波打っていたりしていて面白いです。そういえば以前お店でこういう植物が吊るしてあったのを見かけたような気がします。葉が他のよりも小さくて茎も細いのですごくデリケートな感じに思えます。スマホでホヤの育て方を調べていたら、土の過湿を嫌うので年間を通してやや乾燥気味に管理した方が失敗が少ない、空気中の湿度が高い環境は好むと有りました。この様な環境を作るのは中々難しいですね。ちょっと育て方を考えてみようと思います。
f:id:papagreen:20200620182731j:plain
撮影:2020/6/20